Amazon出品アカウント登録手順とFBAについて

中古物販の始め方 その1

「Amazon出品アカウント登録手順とFBAについて」の解説を

始めたいと思います。

 

中古物販の販路は色々とありますが、

Amazonは非常に優秀な中古商品の販売先です。

(何故中古はAmazonなのか?の詳細は別途説明します。)

ですので、まずはAmazonの出品アカウントを作成しましょう。

 

出品アカウント作成の事前準備

出品アカウント作成を進めて行くと、

以下の項目を入力することになりますので、

事前にご準備下さい。

 

①電話番号

固定電話、携帯電話(090~070)、

050などのIP電話での認証でも大丈夫なようです。

格安SIMスマホのみの場合であれば、スマトークなどのアプリで

050番号を取得しましょう。

NTTが運営している「050plus」は大手ですので信用力もあります。

 

②メールアドレス

フリーのメールアドレスでOKです。

Google、ヤフーなどで簡単に取得できます。

 

③クレジットカード

ここが一部の人にとっては最大の難関。

但し、デビットカードでも登録は可能ですので、

三菱東京UFJやセブン銀行で口座開設し、デビットカードを作りましょう。

 

④銀行口座

どこの銀行口座でも構いません。

将来的に外注さんなどに業務委託することを考えると、

同銀行間振込み手数料無料の三菱UFJなどはお勧めです。

 

 

出品アカウントの作成

それでは、実際にAmazonの出品アカウントを作成していきましょう。

 

まずは、Amazon(https://www.amazon.co.jp/)にアクセスし、

「Amazonで売る」をクリック。

 

次に、「今すぐ登録する」をクリック。

Amazonには大口出品と小口出品があり、

小口出品は月間登録料が無料なので、多くの人が

「最初だから小口でいっか」と思考停止して小口を選択してしまいますが、

必ず大口出品を選択してください。

 

以下は、本気で物販に取り組むつもりだから、

大口が良いと言われたら素直に大口に出品する!という

一種の割り切りができない人のみ読んで下さい(笑

 

 

<読み飛ばしても問題ない、大口と小口の比較>

・コスト

大口は月間登録料4900円掛かり、小口は無料。

しかし、小口は1つ売れる度に成約料が100円掛かる。

→月間50個以上売るのであれば、大口が有利。

(月間50個ぐらいすぐですよ。

 1万円2万円という少額を稼ぐつもりなら別ですが、

 30、50万円と月給並みに稼ぐつもりなら、大口一択です。)

 

 

・購入者へ提供できる決済方法が異なる

大口はAmazonで選択できる全ての決済手段が使えますが、

小口は「クレジットカード、ギフト券、ショッピングカード」のみです。

 

コンビニ決済、代引きの需要はかなり高いのに、

小口だと購入者はそれらの決済手段を選択できないのです。

 

機会損失は馬鹿になりません。大口一択です。

 

 

・カートに入れる、の表示有無

Amazonユーザーの中には、「ポチる」という文化を持つ人がいて

「カートに入れる」からしか買わない(買えない)層が存在します。

 

中古であっても、画像のように「カートに入れる」が表示されますので、

一番先に買われる可能性が高いです。

 

この「カートに入れる」が小口だと絶対に表示されないのです。

だから、まともにAmazonで物販をしようと思えば、

大口一択なんだってばよ!

 

 

では、大口登録の前提で進めていきます。

Amazonアカウントを作成or既存アカウントでサインイン

まだAmazonのアカウントを持っていない人は

作成してください。難しいことは何もないと思います。

 

  • 名前
  • Eメールアドレス
  • パスワード

 

を入力するだけです。

 

「正式名称/販売業者名」の登録

法人格をお持ちの方は、法人名

個人事業主(開業届を出していない人も、副業の人も)なら、個人名

を入力してください。

偽名はNGですよ~。

 

 

出品者情報の登録

  • 表示名(店舗名)(後から変えられる)
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 番地・建物名
  • 住所2
  • 電話番号
  • 運営責任者名
  • お問い合わせ先電話番号

 

上記を登録し、次に

  • クレジットカード情報

を入力します。

 

 

電話による本人確認

実際に電話が掛かってきますので、

表示されている4桁の認証コードをダイヤル入力しましょう。

 

これで登録完了です。

 

 

中古をAmazonで出品するならFBA一択

Amazonの出品アカウントを作成した後は、FBAに登録しておきましょう。

FBAサービスはこちら

 

FBAとは、商品の保管から注文処理・出荷・配送・返品など

本来は自分(もしくは社員)がしなければいけないことを

手数料を払うだけで、Amazonが代わりに行ってくれるサービスです。

 

FBA一択の理由は以下の通り。

①仕入れに集中できる。

 物販初心者の人はほとんどが副業です。つまり使える時間は極僅か。

 その中で、注文処理、出荷対応、返品対応などをやっていては

 肝心の仕入れが疎かになります。

 時間を僅かな手数料で買う、というマインドセットです。

 

②売れ行きが段違いに上がる

 FBAに登録すると、「prime」で販売することができます。

 「prime」商品はご存知の通り、prime会員のみが使えるサービスで

 その日、または翌日に商品が届いたり、一ヵ月の返金保証がつきます。

 このサービスの威力が凄まじいため、prime商品にするだけで

 売れ行きが上がります。

 

 中古商品はどうしても新品に比べて故障の確率は上がります。

 返品保証という「安心感」がAmazonで中古商品が

 高値で売れる理由です。

 

 

まとめ

 黙って、「大口出品/FBA」で登録しろ!

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です