首に包帯を巻いたら眠れた話 【アトピー対策】【夜に痒い】

おはようございます。

最近、夜に寝る時になると首が猛烈に痒くなって

眠れないMOTOHARUです。

 

あまりの痒みで眠れない、なんて30年間の人生の中で初めての経験でした。

 

しかし……厳しい!あまりに辛い!

何せ…朝4~5時まで寝付けなくて、夜が明け始めたら

痒みが収まってきて…眠れるという…。

 

副交感神経優位になる夜は痒みが生じやすい…との事ですが、

ここまで酷いの!?と泣きたくなります。

(副腎皮質ホルモンの濃度が深夜が一番少なく、

 人体構造上、痒みが出やすいのです)

 

あまりの辛さに色々調べて対策を講じた所

普段通り眠る事ができたので、その方法を同じ悩みを持つ人にお伝えしますね!!

 

原因の特定に苦労した

夜に痒みで眠れないので、適当なキーワードで検索すると色々と出てきました。

  1. 自立神経のバランスを整える
  2. 寝室環境が悪い(部屋・寝具)
  3. 掻き癖
  4. 食べ物が悪い(ヒスタミンが多いものを食べている)

 

自立神経のバランスを整える

自立神経については、結構気にしていて、普段から対策を取っていました。

呼吸瞑想、ヒーリングミュージック、健康的な食事。

今回は更に1時間の半身浴を取り入れてみましたが、効果はありませんでした。

 

寝室環境が悪い(部屋・寝具)

これも結構気にしていて、

必ず天日干しをして、空気も入れ替えている為、多分原因ではない。

 

掻き癖

これは…間違いなくあるけど、昔からだしなぁ…だから原因ではないはず。

 

とりあえず爪の手入れを毎日するようにしました。

しっかりとヤスリをかけて、ツルツルです。

 

食べ物が悪い

相当食事には気を使っているし、いきなり食生活が変わった訳でもないので

これも原因ではないはず…。

 

腸内細菌を更に意識して、納豆味噌を毎日食べています。

 

 

どれをやっても…効果がない!!

とにかく夜になると痒い!痒い!!!

夜が怖い…

 

となっていました…。

 

掻かなければ治る…いやいや痒いから困ってんだよ

更に色々ネットを徘徊していて、

掻かなければ治る…という記事を目にしました。

 

掻かなければ治るって、そりゃあ本質的に体質改善して

“痒み”そのものを断ってしまえば、治るでしょうよ!!

 

でも、体質改善やっても痒いんだよ!!!

 

って思いながら…読んでいると…ある文章に気づきました。

 

「掻かない」という行為は、

肌を回復させ、肌が通常の厚さを取り戻す事で、

小さな刺激への過剰反応が薄れてくる効果をもたらす。

 

つまり…肌が正常な状態ではないのが問題ではないか?

一度正常な状態まで戻せば、体質改善の効果で

痒みが収まるのではないか??

と考えたのです。

 

 

刺激の排除と物理的に掻けなくする

 

で、採用した対策が、

 

保湿をした後に、

綿100%のガーゼ(タオル)を首に巻いて、

更に包帯でグルグル巻きにする。

 

です。

 

服スレなどによる刺激を排除する効果(掻くトリガーの排除)と

そもそも掻きたくても掻けない状況を狙って、

やってみました。

 

 

・・・

 

布団に入っても…痒くない…

 

多分…寝具(パジャマの方)の問題も大きかったんでしょうね。

刺激を与えない事を軽視していました。

 

そして…ぐっすり眠れました!

 

夜に何度か痒みがあった気がしますが、

そもそも掻けないのでww

 

朝起きて包帯を外すと…綺麗な状態の肌が♪

 

やったね!

 

 

結論

予防大事…

 

酷くなる前にケアして、極力痒くならない状況を作る。

これに尽きますね。

 

 

今回ご紹介した方法は

恐らく一部の方にしか当てはまらない、と思いますが

色々やっているのに効果がない!という方は一度お試しアレ^^

 

MOTOHARU

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です