【中古家電せどり】目利きができるようになるとっておきの方法

中古家電せどり

 

 

その魅力は常々お伝えしてきているが

(関連記事:中古家電せどりの三大魅力

 

やはり中古家電せどりのポテンシャルを最大限発揮するには、

「目利き力」を向上させる必要がある

 

この目利き力とはリサイクルショップやヤフオクで

闇雲にリサーチしていれば身に付いていくものではない。

(それだとただの新品せどらーと一緒)

 

 

そこで本日はこの「目利き力」を鍛えるためのとっておきの手法

ステップバイステップでご紹介したいと思う。

 

 

全体相場観が分かれば目利きができる

これからご紹介する方法は、

「全体相場観」を養うための修業・訓練方法だ。

 

 

全体相場観を養しなえば、明らかな仲間ハズレを見つける能力が向上する。

 

例えば、全員が赤帽子をかぶっている園児の中から、

自分の子供のオレンジ帽子を一瞬で見つけられるようになる。

 

三つ葉のクローバーの中から

四つ葉のクローバーを探し出すことができるようになる。

 

このニュアンス伝わるだろうか?

 

 

 

これは圧倒的に幅の広い中古家電の中から

差益が取れる商品を探し出すには必須の能力だ。

 

それでは、この全体相場観の養い方を以下で詳しく説明する。

 

 

1:リサーチ対象を決める

今回ご紹介する方法は、机に向かって勉強するタイプの学習方法であるため、

モチベーション維持、学習効果を最大にするためにも

自分が好きな商品、ジャンル、カテゴリーから選択することをお勧めする。

 

 

余談であるが、学校の勉強がつまらないのは、やらされている感があるからだ。

対して「自分で学びたい!」と思った時に

生み出されるパワーはその比ではない。

 

 

どんな学習においても「自己決定感」というのは大事にしてほしい。

 

 

自己決定感について話をすると記事一本書けるので本流に戻る。

 

中古家電に対して特別思い入れが無ければ、

自分の持っている家電(スマホやパソコンなど)から

始めてみることをお勧めする。

 

 

2:特徴、ニーズ、相場観をインプットする

中古家電せどりの目利き力向上の中で

このパートが一番重要なので、

気を引き締めて、集中して、理解に努めて欲しい。

 

 

リサーチ対象にした商材を様々な角度(切り口)から分析・解析していくのだ。

 


リサーチ対象を「iPod」にした、という設定で話を進めていく。

 

まず「iPod」の現在のラインナップは以下のようになっている。

※Apple公式ストアより画像参照

 

iPod touch

iPod nano

iPod shuffle

が存在し、それぞれのカラーバリエーションがある。

またApple限定カラーとして「Red」が設定されている。

 

バリエーションを含めればかなりの数が販売されていることになる。

 

 

そもそもiPodはどんなニーズを満たすための商品なんだろうか?

最も身近な存在であるiPhone(スマホ)でも音楽を聞くことは可能である。

 

ただ単に、デジタルオーディオを保存して、

どんな場所でも再生できる、音楽を楽しめる、というニーズであれば

わざわざiPodを買う必要はない。

 

つまり・・・iPodを求める人のニーズはソコにはないのだ。

 

 

この点について元ハードオフ店長に、「販売側視点」を聞いてみた。

 

元ハードオフ店長曰く

自分の販売経験、

そしてポータブルデジタルオーディオプレーヤーの人気ランキング

(Amazonや価格ドットコムなど)から分かることとして

 

iPodを求める人は

  • iPhoneよりも軽量なプレーヤー
  • iPhoneよりも音楽系の機能が充実しているプレーヤー
  • iPhoneよりも高音質なプレーヤー

 

上記3点のいずれか(または全部)のニーズを満たすために、

購入する傾向がある。

とのこと。

 

Amazonランキングを見ると、iPodシリーズではnanoが一番人気なので、

この中でも特に、「iPhoneよりも軽量なプレーヤー」というニーズが

強い傾向にあることが分かる。

 

 

ここまでの考察から分かることは、

軽量、多機能、高音質というiPodの優位性が崩れた時に

中古購入のインセンティブが無くなる、ということである。

 

 

逆に言えば、この構図が崩れない内は価格が安定する傾向が強い、

ということも意味する。

 

 

では、次にAmazonで人気のiPod nanoに焦点を当ててみたいと思う。

 

現在の最新モデルは第7世代と言われており、

2012年に発売された。(※2015年に新カラー追加、既存カラーの一部が廃止)

※Apple公式ストアより画像参照

 

第7世代ということは、

第1~7が中古市場に混在している訳なので

目利きのためには、その世代毎の違いを理解しておかなければいけない。

 

 

iPodの歴史を一覧にまとめてくれているページを

参照すると分かりやすい。(→ iPodシリーズまとめ

他の家電にもこういったまとめサイトがあるので是非活用して欲しい

 

 

ご覧頂ければ分かるように、

世代毎にデザインカラーバリエーションが大きく変わっている。

 

限定カラーのRedがあったり、

容量で存在しないカラーもあったりする。

 

まずは、形(世代)とカラーで

どの機種に人気があるのか、調べてみよう。

 

この勉強(インプット)をやっておくだけで、

リサイクルショップのショーケースの中に並ぶ

大量のiPod中から、仲間はずれ(差益商品)を探し出す確率が上がる。

 

 

次に、こういったことも調べると出てくる。

充電式電池が原因の本体発火

2008年8月、経済産業省は、重大製品事故(火災)3件と

火傷2件及びそれ以外の製品破損事故12件についての公表を行った。

アップルもバッテリーに問題があることを明らかにし、

無償交換を受け付けることを発表した。

2010年には経済産業省は重大製品事故が6件、

非重大製品事故が21件が発生していることから原因や対策について報告を求めた。

2011年11月、アップルは再び初代iPod nanoのバッテリー問題について見解を発表し、

無償交換を受け付けるプログラムを開始した。

ただし、これは電池交換ではなく、違う世代のiPod nanoへの交換もある。

wikiより引用(https://ja.wikipedia.org/wiki/IPod_nano)

 

 

この情報に基づき、Apple公式を調べてみると…?

※Apple公式ストアより画像参照

 

このような「iPod nano (第 1 世代) 交換プログラム」を見つけることができる。

 

モノレートで第1世代の相場を調べてみると、

このプログラムが考慮された値段設定になっていることが分かる。

上が第1世代で、下が第2世代のカラーブラックである。

 

第1世代が8000円(ホワイトなら12000円)台、

第2世代が3000円台と、価格逆転が起きている。

 

 

もしもこういったプログラムを知っていて、

仕入れ先(リサイクルショップ、個人)が知らなければ

情報格差による鞘取りができる(差益がとれる)可能性が上がる。

 

 

また、各シリーズの特徴を見て行くと

第5世代のみに「ビデオカメラ」が搭載されていることも分かる。

 

上の画像が第5世代、下の画像が第7世代のカラーグリーンである。

 

一概にビデオカメラの影響とは言えないが、

中古商品の価格帯は7000円台と、2世代分の新しさは帳消しになっている。

 

 

このように、iPod nanoだけでも

深堀していくことで、様々な特徴、違いが見えてくる。

 

特徴が違えば、当然その商品に対するニーズの違いが生まれる。

 

ニーズの違いは価格差を生み出す。

 

この作業を繰り返していくことで

全体的な相場観が身に付いていくのだ。

 

 

 

今回は例として、分かりやすい違いだけを挙げていったが

それでもかなりiPod nanoの”見え方”が

違ってくるのではないだろうか?

 

 

3:理解度チェック(実践)をする

勉強(インプット)のあとは、

実践(アウトプット)が待っている。

 

iPod nanoであれば

実店舗リサイクルショップのショーケースに行ってみたり

メルカリ、ヤフオクの膨大なリストの中から

目利き仕入れをやってみると良いだろう。

 

理解していない、分からないことが多ければ

また勉強(INPUT)に戻る。

 

勉強 ⇔ 実践

 

この繰り返しで、全体相場観は身に付いていく。

 

 

全体相場観訓練のまとめ

今回は、中古家電せどりにおける

目利き力向上のための

とっておきの訓練・修行方法をご紹介した。

 

  1. リサーチ対象を決める
  2. 特徴、ニーズ、相場観をインプットする
  3. 理解度チェック(実践)をする

 

 

これをやっている人は、仕入れ時間が短縮されるため、

結果、仕入れ時間を増やすことができるので、

間違いなく実績が伸びる。(何人もの参加者で実証済み)

 

是非是非習慣化して欲しい活動の一つである。

 

 

それではまた!

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です