分断思考を止めたら成果が出始める

こんにちは、MOTOHARUです。

 

情報発信をしている方の悩み事を聞いてきました。

その中で、これは皆が陥りそうだな、と思ったネタをシェアしたいと思います。

 

ある情報発信者の悩み事

相談者
もっと時間を掛けてメルマガの構築をして行きたいんですが、

妻が協力してくれなくて、時間が全然無いんです。

専業主婦なのに、僕が家を空ける事を嫌がったり、

日中に子供の面倒を見なきゃいけない事もあります

 

 

僕も副業時代、こんな思考をよくしていました。

若き日のMOTOHARU

妻がもっと協力してくれたら、成果がもっと出るのに。

本業がもっと楽だったら、成果がもっと出るのに。

 

安心して下さい。

こういう“分断思考”をしている間は、

ほどほどの成功しかできませんから(笑

 

分断思考の罠

ダウンロード

※画像はネットからお借り

 

分断思考とは、

本来は繋がっているのに、あたかも繋がっていないように扱う事

を指します。

 

人間は複雑な事が大嫌いです。

あまりに複雑だと思考が停止します(笑

 

故に複雑な事が生じると、

自分が理解できる範囲まで“分解”しようとするのです。

 

そうして、分解したものを

一生懸命に磨き上げようとします。

 

文面だと分かりにくいですが…

今回の相談者の例で言うと、

 

①ビジネスはビジネス

 

②夫婦生活は夫婦生活

 

それはそれ。これはこれ。と分けるのです。

そして、それぞれで最善を尽くそうとします。(部分最適化)

 

今回の事例で言えば、多分相談者は妻が専業主婦という事もあり、

「俺が稼がなければ!」

という思いが強く、①ビジネスを自分の領域と考えているのでしょう。

 

つまり…②の夫婦生活が①の領域を犯そうとすると

①で最善を尽くせなくなると思って、嫌がるのです。

 

これが…分断思考の罠です!

ダウンロード (1)

※画像はネットよりお借り

 

 

やたらに線引きするもんじゃぁねぇよ!

  • ビジネス(メルマガ作成)の時間
  • 妻との夫婦生活の時間

 

この2つは確かに異なるものですが、

もう少しズームアウトして、

 

人生

 

という目線で捉えるとどうでしょうか?

 

人生という大枠で捉えた場合、

ビジネスも夫婦生活も”相談者の大切な人生の一部です”。

 

で、あるならば、

両方ともにwin-winになるように、デザインして上げないといけませんよね。

 

だから僕は聞きました。

MOTOHARU
奥さんは何を求めているのですか??

 

すると、どうも奥さんは、「家族との触れ合いの時間」を持つのが

大切だと考えているみたいなのです。

 

  • 夫婦生活で求められるものが「家族との触れ合いの時間」
  • ビジネスで求められるものが「一人で集中する時間」
 
 
一見するとベクトルが反対方向を向いている為、
完全に相容れない、と思ってしまいますが、
 
これらを両立するには?という問いかけを自分にするだけで
色々な選択肢が思い浮かんでくると思います。
 
 
 
家族との触れ合いの時間とは何なのか?
時間なのか?質なのか?それとも???
 
 
一人で集中する時間とは?
ずっと欲しいのか?1時間で良いのか?それとも?
 
 
 
例えば、奥さんと一緒にできるビジネスを構築する、と考えれば
ビジネスをしながら、家族とも触れ合えますよね。
 
それで奥さんが満足するのであれば、
ビジネスも進められて、且つ妻のニーズをも満たします。

 

このようにwin-winを前提に奥さんと話合えば、

奥さんも快く話し合いに応じてくれて、

きっと2人で良い方法を思いつきますよね^^

(もしかすると、奥さんが「私応援する!頑張るね!」と言ってくれるかもしれません)

 

分断思考は楽。全体思考は疲れる。

 

僕もサラリーマンだったから分かるのですが、

会社って大企業になればなるほど、部署の枠に囚われていません???

 

「うちの部署としては受け入れられない」

 

とか普通に言いますよね。

 

これも分断思考です。

 

分断思考の方が簡単なんですよね。

ウチはウチ、ヨソはヨソ。と線を引けば

考えるべき範囲が狭まるじゃないですか。

 

逆にいうと、全体を考えて案・意見を出すのって

凄い疲れるんですよね。

 

だから皆やりたがらない。

 

そこをあえてやっていくと…

何か成果が出始めるんですよね^^

 

MOTOHARU

 

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です