自分が何 したいかわからない│そんな貴方への処方箋

こんにちは、MOTOHARUです。

 

僕は“せどり”とか“コンサルティング”とかをお仕事としているので、

たまに大変ありがたいメールを頂きます。

 

直近あったメールは…

俺はただ、イオンでも家電店でもドンキ!(笑(笑)でもいいよ。

そこで、仕入れてAmazonで純利益(人が、まともに食える金額ね。)が出る!様な物

無いですよ‼と親切に本当の事を教えているのでは?

それが、講義やコンサル受けてどう変わるの?(笑)とだけ聞いてる。

市場が終わってるのに。

 

その高い利益、が見込める本をBOOK・OFFが店頭に100えん!なんかで並べるとでも?

あんた、まさか??!

売り上げがた落ちのBOOK・OFFが、Amazonや、ヤフオク!を知らないとでも??

あんまり、人を騙して自分が救われよう❗

なんて考えたらあかんよ。

しっかり、働けば?

 

せどり市場は終わっているらしいですよww

 

・・・

・・・

 

お前の頭が終わってるわ。

 

僕は趣味のように仕事をしている

 

さて

酸っぱい葡萄って知っています??w

 

認知的不協和の例で使われることが多いストーリーなんですが、

 

自分が本当にしたいことが、何かの障害でできない時に

自分を守るために、 無理やり理由を作って自分を納得させようとすることです。

 

酸っぱい葡萄の例で言えば、

 

「本当は葡萄を食べたいけど、背が届かない…」

「フンッ!どうせあの葡萄は酸っぱい葡萄さ!食べられない方が良かったよ。」

 

こういう感じです。

 

直近のメールをくれた人は

多分「今の仕事」が嫌いなんでしょうね。

本当は僕らみたいな「働き方」がしたいのに 、できないから、

 

「あんな奴は働いていない!俺みたいに働くべきだ!」

と思っちゃう訳です。

 

とは言え…

働けよ!というツッコミは半分当たっていますww

なぜなら僕は楽しんで仕事をしていますからね。

一種の趣味と捉えても問題ないでしょうw

 

何故そうなったのか。

その理由をこれからお話します。

 

実は何したいか分からない人だらけです

 

ズバリ答えを言ってしまうと、

自分の情熱のあることと仕事をリンクさせているから、

仕事が楽しいんです。

 

例えば、趣味って「時間を忘れて」楽しみません?

シヴィライゼーション(廃人ゲームw)とかやってたらいつの間にか朝です(笑

 

時間感覚が恐ろしく短くなるぐらい好きなことを

仕事にしちゃうんです♪

 

 

 

しかし…!

こういう話をすると必ず、

 

「自分が何をしたいか分からないから、困ってんの!」

という人がいます。

 

 

何を隠そうがそうでしたw

因みに僕とチームを組んでいる尾崎将康も自分を見失っていましたし、

中古マスター渡部さんも悩んでいました。

 

尾崎のせどりグループにいるせどり専業の4名も悩んでいましたし、

僕のお師匠のセミナーに来ている人も皆

自分の方向性に悩んでいました。 

 

皆さん安心して下さいww

自分が何をしたいのか分からない人ばかりなんですwww

 

 

したいことを発見するための処方箋

 

自分の方向性に迷った時は、
自分を見つめる機会を持つのがベストです。

 

例えば、

 

・自分が子供の頃に得意としていたことを思い出した経験はありますか?

・自分が子供の頃にお金にまつわる嫌な経験をした記憶はありますか?

 それを改めて分析したことはありますか?

・自分が影響を受けた人や受けた環境を思い出したことはありますか?

・お金以外の価値を提供できるモノがあるか、考えたことがありますか?

・何故”あの人”が大嫌いか考えたことがありますか?

 

他にも色々ワークのお題目はあるんですが、

様々な方向から、自分というものを見つめていくことで

 

僕や尾崎や渡部さん、 専業の仲間達は

 

 「自分が最も大切にすべき価値観」

を紡ぎ出して、

それを仕事(ビジネス)にも応用することで

まるで趣味をやるように仕事ができているのです。

 

 

残りの人生…読者の平均を50年とすると、 18250日です。

 

この内、たった3日でもいいから、

自分の人生をよりよくするために使ったことのある人はいるでしょうか。

 

因みに、3日間というのは、

残りの人生の0.0001%に過ぎませんよ(笑

 

 

より良い人生のために、自分を振り返る3日間を取ってやる!

と思う人がいらっしゃいましたら、 

こちらの記事を読んで色々なワークを実践してみて下さい(^^)

 

 

自分ひとりでこれはできないよ…w

という人のために、不定期で合宿を開いたりもしています。

一度、僕にご相談下さい!

お問い合わせはこちら

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です