家族を自分の応援団にする方法│副業・せどり

こんにちは、MOTOHARU(基晴)です。

 

本日は…

「副業をする時に、如何に家族から応援されながら事業拡大していくか」

というテーマで話を進めたいと思います。

 

 

副業を始める・教材を買う・コンサルを受ける人の多くは

現状から脱したい!という強い気持ちを持っています。

 

概してそのような人は、

強い気持ちを持つが故、行動量が増えていって

それに伴い成果が出やすいという傾向があります。

(崖っぷち効果^^)

 

しかし中には、物凄いやる気があっても

なかなか成果に繋がらない人がいます。

または、少し成果が出たものの、その成果を維持できない人もいます。

 

 

これは何故でしょうか?

 

原因は様々あると思いますが、

僕が見てきた中で多かったのは、

「家族の協力を得られなかったから」

という理由です。

 

こんな発言にピンッと来たら、要注意です

相談者から話を聞いていれば、

「なんて非協力的なんだ!」と思ってしまうかもしれません。

でもちょっと待って!よ~~~く考えてみて下さい。

 

 ・俺は副業をやっているから時間がないのに、

  家事負担があってなかなか時間がとれないんです。

 ・せどりに資金提供はしないと言われました…。

 ・妻も疲れているみたいなんですが、よく僕を支えてくれています。

 ・電脳の荷物ぐらい受け取ってくれてもいいのに…

 ・ダンボールが邪魔でなんとかしろって怒られるんです。

 ・発送手伝って欲しいんですが、手伝ってくれないんです。

  だから夜に睡眠時間削ってやっています。

 ・土日は仕事が休みなんでチャンスなんですが、

  子供と遊ぶ時間を取らないといけないので…。

 ・僕は家族のために◯◯(せどりなどの副業)を始めたのに…

 ・本業が忙しいので、空いている時間は全部副業に使いたいです。

 ・家族サービスで時間がなかなか取れなかったです。

 

もしも、例文を見て、

「どこがおかしいの?」と思われたら、結構ヤバイです(笑

 

貴方が教育者であれば、なおヤバイですw

 

 

全部自分本位の考え方

結構、色々例文を出しましたが

これ僕も昔思っていたことですし、

実際に僕が教えた人が話していたことでもあります。

 

・俺は副業をやっているから時間がないのに、

 家事負担があってなかなか時間がとれないんです。

 

敏腕コンサルタント
家事負担は元々その家のルールだったはずですよね。

それを副業を始めたから変えるのであれば、

しっかりと話をする必要があります。

(それもせずにゴチャゴチャ言うなんて…^^;)

もしも奥様が代わりにやってくれることになったとしたら、

貴方が副業で負担が増えたように、奥様も負担が増えているのです。

自分だけが頑張っている、という思いは確実にマイナスの影響を与えます。

 

 ・せどりに資金提供はしないと言われました…。

 

敏腕コンサルタント
パートナーが何故資金提供しない、と考えているか

それをしっかりと把握する必要があります。

貴方がやる気に燃えているのに、それを応援してくれないという事は

何かしら家族問題を抱えているケースが多いです。

貴方は今まで良い夫だったか?良い妻だったか?

それを問うてみましょう。やるべきは、副業ではなく、

家族との話し合いかもしれませんよ。

 

 ・妻も疲れているみたいなんですが、よく僕を支えてくれています。

 

敏腕コンサルタント
一見何も問題がないように思えますが、

夫側は奥様に「疲れ・ストレスがある」というのを自覚しています。

 

自覚していますが、俺を応援してくれているんだ!支えてくれているんだ!

という都合の良い脳内変換をしているため、

アラートに気付いていない可能性があります。

 

疲れやストレスが見て分かる程、外に出ているのであれば

早晩爆発する可能性がありますよね?

これは一旦バランスを取る知らせだと僕は思いますよ。

 

 ・電脳の荷物ぐらい受け取ってくれてもいいのに…

 

敏腕コンサルタント
これも…何故パートナーが協力してくれないのか

自分で考えてみて下さい。

 

そもそもパートナーが家で何をしているかご存知ですか?

小さな乳幼児がいる場合、配送業者が来ても

出られない状況にあるのはよくあることですよ。

 

 ・ダンボールが邪魔でなんとかしろって怒られるんです。

 

敏腕コンサルタント
家族にとっても、家は自分のテリトリーであり安心空間です

そこに事業用の荷物が散乱していたら、そりゃあ嫌にもなりますよ(笑

 

稼いでいるんだから、我慢しろ!

っていうのは、貴方だけの理論ですよ。

 

 

 ・発送手伝って欲しいんですが、手伝ってくれないんです。

  だから夜に睡眠時間削ってやっています。

 

敏腕コンサルタント
手伝わないのは何か理由があるからですよ。

自分の都合だけが先に立って

パートナーの状況を捉えられていない危険な兆候です。

 

パートナーにもパートナーの都合がありますからね。

 

 

 ・土日は仕事が休みなんでチャンスなんですが、

  子供と遊ぶ時間を取らないといけないので…。

 

敏腕コンサルタント
(これはMOTOHARUも思いました…笑)

親ですからね。

貴方が遊ばないのであれば、誰かに遊んでもらう必要があります。

 

その誰かって誰?パートナー?

そりゃあ疲れるよね。

 

でもそれが当然と思っていない??

 

 ・僕は家族のために◯◯(せどりなどの副業)を始めたのに…

 

敏腕コンサルタント
はいはい、建前建前。

自分のためじゃないの?

 

独立したい!

自分が会社嫌だからでしょ?

 

本当に家族は求めているのかな?聞いてみたことある?

 

 ・本業が忙しいので、空いている時間は全部副業に使いたいです。

 

敏腕コンサルタント
(分かる!)

貴方がしていたことをしなくなると、

誰かがそれを補填する必要がありますよね。

 

分かっている?

 

 ・家族サービスで時間がなかなか取れなかったです。

 

敏腕コンサルタント
「サービス」って言葉を使っている時点でダメだよ。

してやっている感満載ですよね。サービスって言葉は。

 

それが…伝わらないはずはないと思いますよ~

 

改めてしっかりと考えていくと、

自分本位で考えて、パートナーや家族の思いにまで至っていないケースが

多いことがわかります。

 

この状態を続けていけば、

そりゃあ家で問題が出て、副業どころじゃなくなりますよね。

 

 

まずは与える!愛の言語を使ってみて!

副業で成果を出したいのは重々承知しています。

 

そりゃあすぐ出したい。すぐ会社辞めたい。

 

分かります。

 

でも、お金を得て、結果家族がボロボロになっていたら

意味なくないですか?

 

だから、まず応援される環境を整えること。

これが大事になってきます。

 

応援される環境を作るには、

まずはやっぱりコミュニケーション!

 

コミュニケーションの方法は

愛の五言語を使うとかなりうまく行くんじゃないかと思います。

愛の五言語はこちらの記事を参照して下さい。

 

 

特にお勧めは、マッサージですかね。

 

話しながらマッサージすることで、

 ・言葉

 ・クオリティオブタイム

 ・ボディタッチ

の言語で会話することができます。

 

マッサージしながら、将来像や

自分の気持ちを伝えてみて下さい。

 

そして勿論、パートナー、家族の気持ちも聞いて下さい。

 

そうして、家族全員が同じ方向を向いて進むことができれば

例題のような状況にはそうそうならないのではないでしょうか!

 

パートナー・家族に応援されながら、

気持ちよくビジネスしましょー\(^o^)/

 

新着記事

1 個のコメント

  • 洗濯やお風呂掃除、お米を炊いたり…
    たくさん手伝ってくれてる子どもたちのためにも、成果を出したいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です