働く意味とハーレム【Adventurous Journey Vol.1】

こんにちは、MOTOHARUです。

 

 

最初に

「Adventurous Journey(冒険家の旅)」のゴールをシェアしておきます。

 

 

この講座のゴールは…

 

「独立・自立した人生を歩むことを前提とした
 マインドセットを構築する」

 

です。

 

独立って長い旅路の入り口なんです。

 

まぁこの辺はおいおい話していこうと

思っているのですが、

 

長い旅を前提とするなら

当然準備はしっかりとしなきゃいけませんよね?^^

 

富士山に登るのに

ミニスカ、パンプスって

死ぬんですか?って話です。

 

その旅の準備が完璧にできるように

この講座は作りこみしていきます(^^)/

 

 

で、

 

今日はなんで「独立が前提なの?」

ってところを話そうかと思ったんですが、

 

 

先に仕事観について

色々とご自分で考えてもらいたいと思います。

 

 

「貴方は何のために仕事をしているんですか?」

 

 

 

 

では…仕事感の参考になる小話を一つご紹介します(*^^*)

 

~ねぇねぇパパはどうして働くの?~

 

「お父さん、何故お父さんは働くのー?

 仕事よりも僕と遊ぼうよ~~~」

 

 

「それはね、働いた方が、

 お父さんの子孫を増やせるからなんだ」

 

 

「子孫??って僕達のこと?」

 

 

「そうだよ。

 人間を含む全ての生命体が行う行為にはね、必ず”目的”があるんだ。

 その辺の草木や野良猫の行動にも全部意味があるんだぞ」

 

 

「でも隣のお兄ちゃんは、

 一日中ネトゲばかりして働かずに困ってるって、

 隣のおばちゃんが言ってたよ?

 そんなダメ兄ちゃんの行動にも意味があるの?」

 

 

「さっきも言った通り、目的の無い行動なんてないんだよ。

 彼はね…就職活動に失敗して、就職浪人になってしまったんだ。

 多分その過程で誰からも求められていない、

 と思ってしまったんだろうね。

 

 ネトゲの世界で自分を求めてくれる人と出会って、

 自分の承認欲求を満たすために

 ネトゲにはまってしまったんだと思う。

 まぁあくまで仮説だがね。」

 

 

「このようにね。必ず目的はあるものなんだ。

 それぞれの目的を考えるようにしていくと、

 世界がまた違ってみえるぞ?」

 

 

「うん!分かった!

 それで、仕事の目的は

 何で子孫を増やすことなの?」

 

 

「質問なんだが…仕事は絶対にしなければ

 いけないものだと思うかい?」

 

 

「う~ん… 仕事をしないとお給料(お金)は

 貰えないよね?」

 

 

「じゃあお金がたっぷりある人は

 仕事をする必要はないということだね?」

 

 

「う~ん…。」

 

 

「実は大富豪になった人でも

 仕事を続けている人はいっぱいいるんだ。

 これは仕事の目的が本来はお金を稼ぐためのもの、

 とは違っていることを示しているよ。

 

 ここを勘違いしている人が多いんだ。

 

 仕事 = お金を稼ぐこと、

 目的を誤って捉えてしまうと、

 ドツボにはまってしまうよ」

 

 

「いまいち、仕事と子孫を増やすことが繋がらないよ…」

 

 

「はっは。まぁそうだろうね。順番に考えて行こう」

 

 

「この地球上の生命体にはそれぞれがそれぞれの

 生存戦略を持っているんだ。

 

 例えば、ハチは女王蜂だけが子孫を増やして、

 働き蜂は一生産卵をしない。

 

 でもハチという種族にとっては

 それが一番子孫を増やすための最適解として

 進化してきた結果だからそれでいいんだ。

 

 対して、人間は育つまでに

 かなりの年月を要する子供を少数作る戦略だ。」

 

 

「さらにその人間の中にも、

 男と女によって、戦略は異なってくるよ?」

 

 

「子供に聞かせる話かは迷うところだけど…

 ここは重要なところだから、詳細に話すね。

 お母さんには内緒だよ。」

 

 

「ゴホン…まず男は生殖コストが著しく低いんだ。

 ドピュっと白い精子を出すだけだからね。」

 

 

「対して女は一度受精して妊娠してしまうと、

 妊娠中の行動は制限されるし、

 産まれてからもかなり子供にリソースを注ぐことになるから、

 生殖コストがとても高いんだ。」

 

 

「このような違いから、男性の生殖の最適解は分かるかね?」

 

 

「ちょっと難しすぎるよ…」

 

 

「はっは。まぁそうだな。

 要するに、男はサッと出して、次。

 サッと出して次、と繰り返していくのが

 子孫を増やすには一番いいんだよ。

 

 だからハーレムを作ろうとする。

 

 日本でも「大奥」とか有名になっただろ?

 古代中国皇帝の後宮には2000人の女性がいたっていう話もあるぞ。

 

 キングダムの政だって実はやりまくっているんだ!

 

 

 

 ・・・ゴホンッ・・・

 

 

 

 とにかく男の生殖戦略は複数の女を囲い込んで、

 種付けしまくる。これが目指す姿だったんだ。

 

 

「だから男は女よりも、ロマンチスト(冒険的)で

 権力欲が大きく、他男性との肉体関係に

 嫉妬しがちになるんだよ」

 

(※ちなみに女性は、肉体関係よりも

 精神的繋がりに嫉妬します)

 

 

「それと仕事とどう関係があるの?」

 

 

「まぁ落ち着け…。これから繋がるから。」

 

 

 

「当然ハーレムを作るには

 その女性達に配分する資源がいる訳だ。

 

 女性を養えない男に

 女は付いて行かない。

 

 

 その資源を得るために、

 男は努力して権力や腕力を得ようとする。

 

 昔は腕力が全てだったが、

 今の文明世界においては腕力のみで

 支配しにくいから、権力を欲するよね?

 

 権力を一番得やすいのは…

 仕事で成功することだ」

 

 

「これが男が仕事に熱中する理由だよ」

 

 

「お金を得るためではなく、

 子孫を残すために必要な

 ”資源(ソース)”を得るために働く。

 

 これが人間が持っている性と言えるんだ。」

 

 

「これなら大富豪が

 働き続ける理由もわかるだろ??」

 

 

「でもお金持ちなら資源を

 お金でかき集めることもできるんじゃない?」

 

 

「決してお金では買えないものもあるだろう?

 例えば自分の居場所やコミュニティ、友人などだ。

 

 また信頼や名声といったものもお金で手に入らない。

 そういったものも”資源”と言えるね。

 

 例えば…トランプ大統領は超大金持ちだが、

 色々な方面から叩かれてもいる。

 

 お金持ちだからといって、

 全てがお金で解決する訳ではないんだ」

 

 

「そういえば、仕事にはこういう世界に

 するために働くんだ!という使命感が大事と言うが、

 

 考え方によっては、

 自分の住みやすい世界にしたい、

 という利己的な思いに変わりはないから、

 

 使命感というのは一種の進化的な性から

 来ていると捉えることもできるね。」

 

「そういってしまうと、

 理念や使命と言った言葉が霞んでしまうがな。

 はっは。」

 

 

「因みに今回はこの話がしたくて、

 子孫を増やすために働いている、

 と最初に言ったが、

 

 実際父さんはそんなこと

 意識している訳じゃないぞ。

 

 人間の性だからね。

 意識せずとも自動で動いてしまうんだ。

 

 でも、そんな性に振り回されずに

 父さんは父さんなりの『理念』をもって

 仕事をしていることははっきり言っておくぞ!

 

 決して母さん以外の女性とやりたいとか、

 ハーレムを作りたい、とかではないぞ(;’∀’)

 

 

「まとめると…

 仕事は”資源(ソース)”を得るために

 しているってこと??

 

 そして資源があれば

 子孫を増やせる可能性が高まるってこと?」

 

 

「そう。その欲求が標準的な性として

 人間にはあるんだ。

 

 お金のために働くっていう考え方は

 最近のことだね。」

 

 

 

~~~~~~~~~

 

 

 

ちなみに僕も

『理念』持って仕事しているつもりですw

 

 

それでは次回、

 

「早く独立しないと間に合わない!?

最新研究が明らかにした不都合な真実!」

 

を多分予定しています~~w

 

MOTOHARU

新着記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です