生きる意味が分からない…という人へ。その答えを教えます【まず読んでね】

初めまして、MOTOHARUです。

 

「何の為に仕事をしているのか?」

 

これを考えに考えたのは、独立後暫く経ってからでした。

 

確かにお金には困っていないし、

自由な時間もそれなりにできた…。

でも満ち足りない…。そう感じていました。

 

 

その前の会社員時代には、残業につぐ残業と

食生活、睡眠不足による極度のアトピー悪化で

 

「何の為に生きているのか?」

 

を必死に考えていました。

 

今、僕は何の為に生きているのか、自分の使命は何かを見つける事ができて、

人生を楽しく、迷わずに生きて行けています。

(勿論、悩んだり、小さな所では迷ったりしますがww)

 

 

この記事を読んでくださっている貴方は

恐らく「生きる意味」や「働く意味」を見失ってしまっているのだと思います。

 

心配要りません。一緒に探して行きましょう。

 

 

生きる意味の見つけ方「結論」から

 

まずは、結論から先に言いますね。

 

生きる意味、働く意味、人生のテーマ、使命…

 

言葉は何でもいいんですが、そういったモノは

「自分自身で見つけ出さなければいけません」

 

もっと言うと、

「自分の中から紡ぎ出すもの」なのです。

 

 

こう言ってしまうと、元も子もねぇww

と言われそうですが、

 

ほとんどの人が、自分の中に「使命」がある、という事に気付かないまま

外部にソレを求めたり、

現在の状態を維持しようとします。

 

現在の貴方の人生は”過去の積み重ね”からできています。

 

 

さて。。。

その積み重ねたモノに無駄が一つでもあると思いますか?

無意味なモノと感じている事は…本当に無意味なのでしょうか?

 

僕は、無駄・無意味と捉えません。

 

過去の体験・経験は、

 何かに必要だったから、

 何かの意味があったから、

 何かの理由があったから、

…と考えます。

 

なので、その積み重ねたモノを一つ一つ思い出して、

繋げて、再統合して、

 

「自分はこういう目的(テーマ)で人生を歩んで来たんだ…」

という一つの結論を出します。

 

そして、過去~現在の人生のテーマから

未来のテーマを紡いで(設定して)行くのです。

 

これが、生きる意味(人生のテーマ・使命)の見つけ方です。

 

 

ただ、この紡ぎ出す作業の前に

達成していなければいけない必須条件が二つあります。

 

 

それは…

  • 時間
  • お金

それぞの確保です。

 

ちゃんと理由があるので、次章以降で説明していきますね。

 

 

忙しいとまともな思考ができない

 

僕がいう忙しいとは…

  • 残業が多く、家に帰った頃にはクタクタ
  • 休日が少ない
  • 睡眠時間が確保できない
  • 家にいても仕事をしている

 

といった、所謂ブラックな仕事環境の事を言います。

 

わざわざ研究結果を持ち出すまでも無いとは思いますが、

適切な休憩を取り、エネルギー・やる気と言った

内的なパワーを回復させる人程、ハイパフォーマンスで

成果が出やすく、人生を楽しんで生きられる、

というデータがあります。

 

忙しい人程、根本的に自分を振り返るエネルギーややる気がないのです。

 

そんな時に、「人生のテーマ」を紡ごうと思っても無理です。

絶対に良いモノは出てきません。

(今の厳しい状況に引っ張られたものがでてきてしまうと思います。)

 

 

なので、

 

自分の意志でリラックスできる時間が確保できる環境

 

これが絶対に必要なのです。

 

 

お金が無いと無駄なストレスとプレッシャーが掛かる

 

 

ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン教授の研究結果に

このようなものがあります。

 

感情的幸福は年収7万5000ドル(約700~900万円)までは収入に比例して増えるが、

それを超えると比例しなくなる。

 

 

これは大金を稼ぐ人であっても、ある一定基準からは気持ちは満たされなくなる、

といった”上限”に関する研究結果ですが、

 

裏を返せば、年収が低ければ、感情的幸福度が上がらない事もある、

という事を言っています。

 

年収が低いと、それだけで感情に流されて

正常な思考がしにくいケースがあるのです。

 

また、

 月々生きるのがやっと、

 借金がまだまだある…

と言った状態では、「人生のテーマ」について考えても

余計な雑念が多く入る懸念があります。

 

故に

最低限の感情的幸福度があり、

安心して生きられるお金(年収400~500万円前後)

の確保も重要な要素なのです。

 

 

まずは環境を整える!その為に…

 

時間もお金も持っていない人の為に

僕自身も歩んだ、鉄板のルートをお教えします。

 

それは「せどり」で 独立・(起業 or 転職) する事です。

 

様々なビジネスを僕は経験してきました。

 

  • 株、FX
  • ネットワークビジネス
  • アフィリエイト
  • リアルビジネス(訪問買取業)
  • 情報販売

 

その中でも、断トツに“再現性”“即効性”“収益性”があるのが

「せどり」です。

 

年収400~500万円ぐらいなら余裕で、

カーネマンの定める上限値もやり方次第では十分に達成できます。

 

しかも一年以内に。

こんなビジネスはなかなか存在しません。

 

 

 

 

まとめ

 

人生のテーマは「自分の”過去~現在”から紡ぐもの」です。

 

精神的にリラックスした状態で、雑念が入らない環境で

紡ぎ出す為に、時間とお金の確保が必要です。

 

条件が揃っていない人は、

「せどり」でまずは環境構築から始めましょう^^

 

 

P.S.

既に必須条件を満たしている人は、

以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

>>人生のテーマの具体的な探し方

 

 

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です