危機感から始めたMy Revolution♪今日を乱すことさ~

 

こんにちは、MOTOHARUです。

本日のテーマ曲ですw

 

 

社長

「我が社の置かれた立場は厳しい」

危機感を持って業務に臨んで欲しい」

 

はい、でました有りがちフレーズ。

アベノミクスも失敗に終わり、日本の企業は未だ元気ではありません。

貴方もこういうシャチョサンの言葉を普段から耳にしているのではないでしょうか?^^

 

実は「危機感」というのは、非常に強い効果を発揮する反面、

使い方を誤ると、まさに自分に危機をもたらす諸刃の剣なのです。

 

このことは日本一のマーケターである

神田昌典さんも仰っていることです!

 

耳の穴かっぽじって聞いてくださいね!

 

 

危機感は最強の行動源

 

ちょっとだけ不謹慎な話をします。

東日本大震災では、史上稀にみる大津波が発生しましたよね。

 

津波が来る

目の前に波の壁が迫っている

 

この様な状況に置かれたら、多少の危険を犯してでも

高いところに避難しようとしますよね。

 

 

ちょっと極端な例でしたが、

このように「危機感」というのは

リスクを厭わない爆発的な行動力を生み出してくれます。

 

ビジネス、副業、せどりなどを始める時も

この「危機感」を使ってスタートダッシュするのは

非常に有効な方法であるのは間違いありません。

 

かく言う僕も、一生このままの仕事なんてしてられっか!!

という危機感からがむしゃらに行動した経緯があります。

(睡眠時間を削って、会議で寝言を言いながら頑張りましたw)

 

 

因みに前述した神田昌典さんは、以下のように仰っています。

短期間で財政的な成功を収めるためには、方法がある。

2ステップを踏むのがいい。

まずは、自分の「悪」のエネルギーを活用する。

そして短期間で、金銭的に安定軌道に乗る。

その後、必死になって、心の面でも豊かになるように努力するんだ。

 

そう日本一のマーケターも、

危機感などの感情を最初は使うべきだ!と推奨しているのです。

 

しかし…

後に続く言葉が重要です。

 

その後、必死になって、心の面でも豊かになるように努力するんだ。

 

爆発力を生む危機感ですが、

どうもそれだけではいけない点があるのが、伝わってきますよね。

 

 

危機を乗り越えた後に残るもの

危機感を持って行動した結果、

無事、危機が去った(行動の成果が実った)。

 

さて…この時にはどういう感情が沸くと思いますか??

 

 

 

 

・・・

 

安心感が出てきますよね?

 

 

安心感。

 

そうです。危機感による行動の目的は危機を取り除くこと。

 

だからこそ

その危機が取り除かれたら、行動をする理由がなくなるのです。

 

危機感を使った行動は長続きしない

 

これが最大の弱点です。

(燃え尽き症候群とも言います)

 

なので僕も、

神田昌典さんと同じように2STEP踏むのを推奨しています。

 

 

高い理想を設定し、変化量に喜びを感じる

危機感を使って、ある程度軌道に乗った後は、

自分の理念や理想に向かって仕事をするようにしましょう。

 

理想を高く持てば持つほど

現在の状況とはギャップが出てきます。

 

そのギャップを埋めていく過程を楽しむのです(*´ω`*)

 

その楽しみ、達成感、高揚感が

次の行動力の源泉となっていきます!

 

僕もせどりで独立した後は、盛大に燃え尽きましたww

数ヶ月仕事が手に付かない…という状況でしたが、

 

自分の理想や理念に向かって仕事をするようになってから

また燃え始めました(*´∀`)

 

今は楽しくて仕方がないです!

この楽しさを貴方にも体験して欲しい、と僕は心から思っています。

 

 

まずは、危機感から始めて自分に革命を起こしましょう!

普段の日常を乱して、壊して、

 

新しい現実を作っていきましょう~

 

MOTOHARU

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です