自分の強みを診断する【ウェルスダイナミクス プロファイル 無料】

こんにちは、MOTOHARUです。

 

超強力な強みの発見方法が存在するのですが、

残念ながら独りではできませんので、

今回は独りでもできる自己分析方法をお伝えします。

 

 

ウェルスダイナミクス

 

それがウェルスダイナミクスです。

有料版と簡易版がありますが、まずは簡易版で良いと思います。

 

ウェルスダイナミクスでは何が分かるのか…??

 

成功する流れ(フロー)に乗る方法が分かります。

 

 

成功という抽象概念を「富士山」に例えてみますね。

 

富士山…日本人なら誰でもしっている、日本一高い山です。

この山の頂上への登頂ルートがいくつあるかご存知でしょうか?

 

実は”4ルート”存在します。

 

それぞれのルートで、走行距離や高低差が異なっており、

自分の実力や好みに合わせて登るルートを選択する事ができます。

 

ただ絶対に異ならない箇所があります。

それはどんなルートで登ろうが

頂上の剣ヶ峰には行き着く事ができる、という点です。

 

これがウェルスダイナミクスです。

 

ウェルスダイナミクスでは、成功という山には8通りのルートがあり、

生まれ持った資質によって、登りやすいルートが違う、

と言っているのです。

 

そして、プロファイルにより自分の資質を知り、

一番効率的なルートで、成功という山を攻略しよう!とも言っているのです。

 

 

 

簡易版で分かる自己特性

簡易版で分かる特性をご紹介します。

 

ダイナモ(創造と革新)

魅力に感じるキーワード:「自由」「独立」「個性」

ダイナモ周波数の有名人:三谷幸喜、本田宗一郎、松任谷由実

特徴         :エネルギッシュでダイナミック

            物事を始める能力に優れている

            未来に起こりうるビジョンを描いて人に伝えるのが得意

            What(何)に焦点を合わせた質問が得意

            「自己重要感」を求める

 

ブレイズ(情熱と社交性)

魅力に感じるキーワード:「バラエティー」「楽しい」「情熱的」

ブレイズ周波数の有名人:松岡修造、森田健作、尾木直樹

特徴         :初対面の人と付き合うのを得意とする

            コミュニケーションによって、物事を素早く理解する

            多様性を求める

            Who(誰)に焦点を合わせた質問が得意

 

テンポ(調和と献身)

魅力に感じるキーワード:「家族」「繋がり」「調和」

テンポ周波数の有名人 :BNF(トレーダー)、竹田和平、ウォーレン・バフェット

特徴         :思いやりがあり、チームプレーを得意とする

            最終的な目標やゴールが決まると、次に何をすべきかを具体的に提示できる

            周囲との繋がりを求める

            When/Where(いつ/どこで)に焦点を合わせた質問が得意

 

スチール(効率と論理性)

魅力に感じるキーワード:「客観的実績」「数字による裏付け」「事実に基づく」

スチール周波数の有名人:神田昌典、ジョン・D・ロックフェラー、MOTOHARU(笑

特徴         :情報の処理や分析を得意とし、手に入る情報が緻密な程、理解を深める

            確実性を求める

            How(どのように)に焦点を合わせた質問が得意

 

たった4分類ですが、これだけでも

かな~り自分が見えてくると思いませんか??

 

因みに僕は「スチール」です。

 

論理性を重んじ、理屈大好き人間です(笑

 

対して、長嶋監督の様な…

「腰をね、こうキュっとひねったら、バットがこう、ビュンと降りてきて、

ギューンと球が伸びていくのよ」的な教え方をされると

全く理解できませんwwww

 

 

多分、ほとんど人が自分の得意不得意領域を朧気ながらも

分かっていると思うのですが、

 

あえて、言語化(4つの名前)にする事で、

より見える化されて、自分というものが理解しやすくなります。

 

 

自分のビジネス選択にも、

このウェルスダイナミクスがかなり関係してくるので、

せめて簡易版だけでもやっておく事をオススメします^^

 

 

有料版は、知り合いに安くできる人がいるので、

もしやりたいという方がいらっしゃいましたら、

メール下さい(*´ω`*)

 

 

P.S.

僕は有料版もやっていて、

 

キャプチャ

ロードという結果になっています。

 

つまり…超理屈派ってやつですねww

新着記事

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です