カメラ転売(せどり)このデジカメの売れるポイント解説

タイトル「このデジカメの売れるポイント解説」

 

 

“この”ってどれやねん!と思った読者の反応は正しい。

けどちょっとだけ前置きにお付き合い願いたい。

 

 

今回は元ハードオフ店長の動画をメインにお送りしようと思っているが、

動画撮影が下手な時代のものなので、聞き取りにくい(笑

そこもご容赦をお願いする。

 

 

さて、では前置きに入る。

 

よく、

 ・売れる商品リスト公開!

 ・人気商品〇選!

などのタイトル記事があり、読み手の反応も良いみたいだが、

 

 

僕は惜しいと思う。うん。非常に惜しい。

 

 

 

非常に上から目線で申し訳ないが、

カメラ転売を含む中古家電せどりのスキルを上達させようと思ったら、

 

人気商品や売れる商品の型番や名前を

ただ覚えるだけでは不十分なのだ!

 

 

だってそうだろう?

これから先も色々な商品が発売されていくので、

人気商品は増え続けるはずだ。

 

それを全て覚えていく、というのは

ジュゲム並みに大変なことではないだろうか?

 

 

重要なのは、

 

何故その商品に人気があり、売れるのか?

 

という部分だ。

 

この部分を掘り下げない限り、仕入れスキルは上達していかない。

目利き力もつかない。

 

同じ話を違う切り口でしている記事があるので参考にして頂きたい。

(参考:中古家電せどり(カメラ転売)で中古カメラを目利きする方法

 

 

それでは本日は、「SONY サイバーショット DSC-T9 シルバー」

売れる理由について深堀していきたい。

 

 

 

2005年のデジカメをカメラ転売できる理由

何を隠そう、「SONY サイバーショット DSC-T9 シルバー」は

2005年に発売された商品だ!

 

動画撮影時点(2015年)でも10年前の骨とう品。

カメラ素人の僕からすれば、10年前のカメラなんて欲しくもない。

 

 

 

しかし・・・驚くなかれ

 

↓ 拡大画像 ↓

 

今も売れている Σ(゚д゚;)

 

DSC-T9の簡単なスペックは以下の通り。

  • 画素数 → 618万画素
  • 撮像素子 → 1/2.5型CCD
  • F値 → F3.5~F4.3
  • 光学ズーム → 3倍

 

うん。しょぼい(笑

 

これぐらいのスペックであれば、2017年現在で新品が6000円台で買える。

 

それでもあえて、このカメラが選ばれる理由は何だろうか?

その秘密はこの動画を観て欲しい。

 

 

 

↓ 元ハードオフ店長の解説動画 ↓

 

 

まとめ

動画内でも解説があったが、キーワードは「メタルボディ」

 

現在のほとんどのデジカメはプラスチック製で所有欲が出ない。

またある程度重量があった方が、撮影時に安定する。

 

スペック以外の部分で愛好家のニーズと

合致しているのが大きなポイントのようだ。

 

クラシックスタイルであることも理由かもしれない。

 

 

 

この様に、DSC-T9が売れる理由が分かれば

 

 ☆メタルボディ

 ☆クラシック

 ☆所有欲を掻き立てるカメラ

 

といった切り口で、他のカメラも俯瞰してリサーチしていくことができる。

 

ただ単に人気機種・売れている商品を覚えるよりも

よっぽど自力が付く気がしないだろうか?

 

 

人気機種を紹介してくれているサイトを足掛かりに

より消費者のニーズを読み取る

「機を見るに敏」な商人になっていこう(^^)/

 

 

新着記事

1 個のコメント

  • なんで古い機種が人気が続いてるのか
    考えたことなかったです
    考えようとも思いませんでした。
    調べる手間はかかりますが、この先の仕入れスキルには必要ですね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です