良書紹介☆望む未来を自分で作る方法

おはようございます。MOTOHARUです。

 

以前(っても多分1年ぐらい前)に紹介した本なんですが、

 

最近やっぱり重要だな、と思うことがあったので

もう一度紹介したいと思います。

 

 

 

詳細な紹介はこちら

↓ ↓ 

史上最強のスキル

 

 

 

で、何があったかなんですが

 

子供と一緒に公園に行った時に

たまたまいた別の子供も一緒に遊んであげたんです。

 

(戦いごっこです。棒で本気で殴ってくるから、子供は怖い 笑)

 

 

そうすると、その子供の親が

「ミニドーナツ」みたいなのを

僕の子供にお礼?にくれたんですね。

 

 

で、「ありがとうー!」と言って

帰路についたんですが、

その途中、僕の子供が言うんです。

 

 

子「これって身体に悪いよね?」

 

 

M「そうやでー。だからこれは食べやんとこな。

 今度ばあちゃんにあげよう」

 

 

子「ヤダ!」

 

 

M「なんでやねん!」

 

 

って感じのやり取りだったんですが、

 

若干怪しい部分はあるものの、市販の甘いお菓子に対する

意識付けの効果が見られるのが、分かってもらえると思います。

 

 

このような子供の頃からの「食事習慣」

 

これ実は自分の代では終わらないんです。

 

 

子供が成長し、新しい家庭を持った時

その食事習慣は引き継がれます。

 

(結婚後、夫婦間の食事習慣の違いに驚かれた人も多いはず。)

 

 

 

特に料理を作る側(多くはお母さん)の習慣は

 

孫の世代へ

 

そして、ひ孫の世代へ

 

引き継がれることが多いです。

 

 

化学調味料、添加物モリモリ

冷凍食品

インスタント系食材

低価格な外食

 

こんな食事習慣が引き継がれて行く可能性もあるんです。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

 

食事習慣は一代で終わらず。

 

 

 

こう考えると、習慣の力って本当に

「本当に恐ろしいな」と感じます。

 

 

うまく使えば間違いなく大きなメリットを生み出しますが、

 

マイナス習慣を続けると

人生に大きなデメリットを生み出してしまいます。

 

 

食事習慣のように自分の代だけで

終わらない習慣も他にも存在します。

 

 

改めて「習慣」に対して真面目に取り組んで行かなきゃな、

と子供に気付かされました。

 

もう既にこの本を持っているかもしれませんが、

改めて読んでみてはどうでしょうか??

 

 

詳細な紹介はこちら

↓ ↓ 

史上最強のスキル

 

 

MOTOHARU

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です