「せどり」仕入れの基準 【波打ち0回の中古編】

せどりは他の小売業よりも圧倒的優位にビジネスができる。

 

 

その理由は、「売れるものしか売らない」からだ。

 

皆さんご存知のモノレートや他の無料有料のツールを使うことで

過去どれだけ売れていたか?という情報を知ることができ、

そのおかげで販売予測が非常に立てやすい。

 

 

だから

せどりをやる上で「モノレート分析」は必要不可欠なスキルだ。

 

 

しかし・・・こと中古家電せどりに関しては、

そのモノレートが機能しない可能性が大いにある。

 

当然それを知らないとみすみす大魚を逃す可能性もある。

 

本日は「モノレート波打ち0回の中古商品の仕入れ基準」について

詳しく解説したい。

 

 

 

モノレートが仕入れ基準に使えないケース

発売してから年数が経てば経つほど、新品出品者も減り、

中古出品者すらも減少していく。

 

モノレートはランキングの上下動を捉えるツールのため、

そもそも出品者がいなければ、ランキングは動かず

販売予測も立てられない。

 

例えば、以下のような商品だ。(r9 290X-dc2oc-4gd5)

 

恐らくほとんどの人が、このデータを見た瞬間

「仕入れ対象外」と判断するのではないだろうか。

 

しかし、この商品は2017年5月に9980円で仕入れ、

5月27日に納品、6月4日に18500円で売れている。

 

 

仕入れ基準はどうなっているんだ…?

と疑問に思われることと思う。

 

では次の項で具体的な仕入れ判断基準をご説明する。

 

 

オークション落札数も波打ちにカウントする

モノレートが判断に使えない場合、

オークションサイトにおける落札履歴を確認することをお勧めする。

 

 

一番有名なサイトで、ヤフオクオークファンがある。

 

他にもスマホアプリなどで落札履歴が確認できるものがある。

 

例えば、

 

“オク相場”

 

上記の様なツールを使えば一目瞭然だ。

オークファンの長期間検索には月額980円が必要になる)

 

 

今回はオーソドックスにヤフオクの落札相場検索方法を説明する。

 

まずはヤフーオークション(https://auctions.yahoo.co.jp/)にアクセスする。

 

そして、検索窓に任意の文字を入力する。

 

検索ワードは最初は緩めに設定して、

検索数が多すぎたら絞って行った方が良いと思う。

 

検索が終了したら、「過去落札相場検索」を行う。

(検索対象は、直近120日以内に落札されて終了したオークションのみ)

 

以下画像が検索された結果だ。

直近120日では1件しか見つからなかった。

 

しかし注目すべきは、

入札数39件ジャンクにも関わらず7250円という所。

(ジャンク理由は、出品者の環境では動かないから、だそうだ。)

 

 

これは人気(需要)があるということと、動作品の価格帯は

もう少し上に位置することが分かるデータである。

 

 

オークファンの過去検索で、

動作品が15000円~で販売されている(但し1年以上前)

ことなども考慮に入れると、

 

どうやらこの商品のオークション相場は

15000円付近になると想定される。

 

 

更にこの商品にFBAの優位性を付加して考察していく。

 

中古商品自体に動作やコンディションの不安を持っている人から考えると

Amazonからの出荷(しかも返品ができる)、

という安心感は非常に大きい。

 

 

その為、ヤフオク落札想定価格に+2000~4000円し、

18000~19000円で販売が可能と予測する。

 

回転率はデータが少ないが、

入札数(注目度)の多さを考えると

1ヵ月に1回ぐらいの波打ちと捉えることができる。

 

 

 

このように考えた結果、

モノレートの波打ち0回でも仕入れ基準を満たす、

と判断した訳だ。

 

 

オークファンの長期間検索以外は無料で使えるものばかりなので、

モノレートの波打ちが0回でも

中古商品の場合は、オークション落札履歴を確認することを

お勧めする。

 

 

元ハードオフ店長が、この記事の内容を

動画で説明してくれているので、観るとより理解が深まる。

↓ ↓

 

 

 

他の人がスルーする商品を

仕入れ対象にできる基準を持っているなら…

 

貴方の仕入れにどれだけインパクトがあるか?

想像して欲しい^^

 

 

 

念のための補足だが・・・

 

当然予測は外れることもある(笑)ので、

運用資金の一部でこのような仕入れをするのが望ましいぞ!w

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です