10万円まで決済手数料0円!SPIKEの使い方

こんにちは、MOTOHARUです。

 

僕はクレジット決済に今までPaypalを使っていたのですが、

SPIKEという決済サービスが月100万円まで手数料無料と聞いて、

「月100万円まで無料なら、単発商品に使えそうだ!!」

と思って使ってみました。

 

が…しかし!!!!

2016年3月10日より、フリープランの変更が入り

「月10万円まで手数料無料」に変更されていたのです。

 

おい!他のブログ…情報古すぎだろう(´・ω・`)

と思って、最新情報をまとめてみました。

 

SPIKEフリープランについて

 

以下公式サイトからの引用です。

—————————————————————————————————————————–

【背景】

SPIKEをご利用いただいているユーザー様も20万を超え、急激にサービスが拡大しておりますが、フリープランにつきましてはより多くの個人の方にご利用いただけるようリニューアルさせていただくこととなりました。

【変更内容】

フリープランの決済手数料は以下の通りです。※価格は税別です。

変更前 現料金プラン
月額費用      : 0円
無料枠       : 月間クレジットカード決済金額100万円まで
決済手数料     : 超過分に対して4.00%
トランザクション料 : 超過分に対して30円

変更後 新料金プラン
月額費用      : 0円
無料枠       : 月間クレジットカード決済金額10万円まで
決済手数料     : 超過分に対して3.90%
トランザクション料 : 超過分に対して30円

【100万円無料枠の提供終了日】

2016年3月31日(木)23:59:59 UTC ※日本時間 翌日8:59:59
以降のご注文に対しては、10万円を超過した売上に対し決済手数料が発生します。

——————————————————————————————————————————

 

意味が分からない理由で、確実におためごかしですが(笑

 

ユーザー増えてきたから、無償枠を100万円 → 10万円 にしますよ。

ということです。

 

フリープランについては、本当に簡単に使用が可能です。

たった10万円なので、正直微妙ですが

Paypalのように事前に申請処理をしなくて済む分のメリットはあります。

 

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ログイン画面で、メールアドレスとPWを登録するだけでお終いです。

 

実際に商品を売り出す場合は、

販売者情報を入力する必要がありますが、

 

「店舗名」「名前」「住所」「特商法表示」や

「振込先銀行口座」などの設定だけなので、5分あれば終わります。

 

商品作成も画像などにこだわらなければ

5分で販売が可能になります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

↑入力はこれだけですからw

 

ビジネスプランとPaypalとの比較

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

↑これが、SPIKEの料金体系です。

ビジネスプレミアム…安くないか?

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

↑これがPaypalの料金体系です。

 

料金体系を見比べると、

毎月30万円を超えるようですと、SPIKEの方が安くなりますね。

 

「SPIKE」 手数料2.55%

  販売300,000円 手数料7,650円+月額3,000円=10,650円

 

「Paypal」 手数料3.4%(毎月30万円~100万円の場合)

 販売300,000円 手数料10,200円

 

毎月の売上が安定しなかったり、

30万円以下なら、Paypal。

 

毎月10万円以下の売上、

もしくは30万円以上の売上をコンスタントに出せるのであれば

SPIKEがいいのではないでしょうか。

 

 

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です