【ただの◯◯じゃないぜぇ~】史上最強のスキル

こんにちは、MOTOHARUです。

 

本日は、タイトル通り

人類史上最強のスキルの1つをお教えしたいと思います。

 

これを知っているか、

知っていないかで、

間違いなく今後の人生が変わるという

シロモノです。

 

 

複利の力を使う

 

そのスキルとは…「複利」です。

 

 

「な~~~んだ。複利か、知ってるよ」

「ヤレヤレだぜ」

 

 

そう言う声が聞こえてきそうですwww

 

 

ふふふ…

まぁいいでしょう(笑

 

 

まずは複利の簡単なおさらいをしておきましょう。

 

複利とは20世紀最大の発見と言われるもので、

wikiによると

 

複利(ふくり)とは、
複利法によって計算された利子のこと。

複利法とは、元金(がんきん)によって生じた利子を
次期の元金に組み入れる方式であり、
元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。

したがって、各期の利子が次第に増加していく。
投資や借金などでは、
雪だるま式に利子が増えていくことになる。

 

というものです。

 

せどりは投資資金に対して

大凡20%のリターンがあると言われていますね。

(中古は30~50%)

 

今回は少し低めに見積もって、

10%として計算してみましょう。

 

100万円の元金を全部在庫に変えて、販売し、

100万円に対して10%の利益が入ると仮定します。

(入金のタイミングとかは今回考慮しません)

 

01ヶ月目 1,100,000円

02ヶ月目 1,210,000円

03ヶ月目 1,331,000円

04ヶ月目 1,464,100円

05ヶ月目 1,610,510円

06ヶ月目 1,771,561円

07ヶ月目 1,948,717円

08ヶ月目 2,143,588円

09ヶ月目 2,357,947円

10ヶ月目 2,593,742円

11ヶ月目 2,853,116円

12ヶ月目 3,138,428円

 

1年後には、約3倍になっているww

 

これが複利の力ですね。

(現実的に在庫300万円ぐらいなら1人でも行けますし)

 

と…ここまでは複利の当たり前のお話。

 

これまで複利については、

「お金」に関して “しか” 語られてこなかったと思います。

 

でもちょっと考えて下さい。

 

この人類史上最強候補のスキルを…

ただお金にだけに使うのは勿体無くないですか??

 

さて、本題に入りますね。

 

僕がお伝えしたいのは、「習慣の複利運用」です。

 

良い習慣を元本とし、それを複利運用していくんです。

 

例えばですよ。

毎日15分の「読書」の習慣を身につけたとします。

 

1週間で105分。

1ヶ月で420分。(7時間)

読むのが遅い人でも

7時間あれば、だいたい1冊は読み終わるのではないでしょうか。

しかも結構分厚い本も行けそうです^^

 

これを1年続けたとしましょう。

(習慣化されていたら勝手に続きます^^w)

 

1年後には

12冊の本を読破している事になりますね。

 

1日15分の読書習慣を

 持つ人と、

 持たない人では、

1年後、本12冊分の知識量に差が出る訳です。

 

では、更に複利運用して行きましょう。

 

12冊分の知識を細切れにしながら、

1日30分でブログにOUTPUTする習慣を作ったとします。

 

毎日毎日・・・

ある人にとっては役に立つ知識がUPされるブログ…。

 

最初はアクセス数・読者数が少なくても…

徐々に徐々に増えて行き…

ついには◯◯万人が見てくれるブログに成長しました。

 

影響力が半端なくなりますよね。

この影響力を…どう使うか??

はお任せするとして、

 

これが「習慣の複利運用」です。

 

どうですか?

 

「上手く言い過ぎでしょ!」

「盛りすぎww」

 

とか思います??

 

僕の言葉では説得力がないかもしれないので

偉大なイチローの力を借りましょう。

 

イチローはこう言っています。

 

「小さい事を積み重ねるのが、

 とんでもないところに到達するただ1つの道と思う」

 

200本安打の道も…1本のヒットから

なんですね。

 

小さい”良い”習慣。

侮るなかれ!!

です。

 

さて、貴方はどんな良い習慣を複利運用しますか?^^

 

 

推薦図書

 

この考え方は、以下の本から得ました。

Image

30日で人生を変える 「続ける」習慣

 

はっきり言いましょう!

 

買え!(笑

 

 

 

MOTOHARU

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です