常に向上心や訓練が必要

こんにちは、MOTOHARUです。

 

体裁をあまり気にしない短文記事作成を

“ある習慣の一部”として機能させる為に試行してみたいと思います。

 


 

<世界は流動的だ>

最初にどれだけの時間、質の高い訓練をしようとも

自分の仕事に対して更なる向上心を持たない限り

能力は次第に低下していく

 

数多くの事例で、時間が経つ程

仕事の能力が落ちる事が証明されているとの事。(ジョフ・コルヴァン「究極の鍛錬」)

 

仕事の発展・進化について行けなかっただけの可能性もあるが、

最善の方法・選択が変わっているにも関わらず、

自らの“習慣”“やり方”に囚われて硬直している可能性の方が高い。

 

 

ジョフ・コルヴァン氏という巨人の肩に乗ってみて分かる事は、

「ゴール(完成)はなく、常に世界は流動的である」という事。

 

 

NLP(神経言語プログラミング)に「名詞化」という言葉があるが、

まさに仕事の熟練者がハマるのが「名詞化」だと思う。

 

常に世界は流動的なものである…

故に検証は必要だ

 

という事を前提に置いておいて

人生を歩んで行きたいものだ。

 

 

 

P.S.

人生…

そう考えると、仕事だけではなく、

 人間関係 → 親しき仲にも礼儀あり(身内であっても、変わる事はある)

 大企業 → 東芝・シャープ・三菱自動車(大企業でもいつ傾くか分からない)

 日本の治安 → 原発事故

忘れがちだが、やはり…この世は流動的なようだ。

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です