中古家電せどりの3大魅力と脱せどらー

せどりや物販の小売り業態において、「仕入れ」技術は必要不可欠です。

 

決して大袈裟な表現ではなく、「仕入れ」さえできれば

後の工程・問題はいくらでも対策できます。

(例えば、資金 → 融資で対策。発送 → 代行業者で対策 など)

 

現にせどり経験を持つ100人にアンケートしても

「仕入れが悩み」という人が73人にも及びます。

 

それほど、せどらーにとって「仕入れ」とは死活問題にも関わらず

未だに「全頭検索しましょう」「売れる商品を覚えましょう」という

どう考えても発展性のない発信が目立ちます。

 

そこで本日は「仕入れ」に対する処方箋として

中古家電せどりを詳しくご紹介したいと思います。

 

何故「中古家電」が仕入れの悩みを解決できるのか?

その秘密も記事内にしっかりと書いておきますので、お見逃しなく!!

 

中古家電は新品よりもココが凄い

まず中古家電仕入れそのものにメンタルブロックがある人も多いと思うので

取り組むに値するジャンルであることをお伝えします。

 

①利益率が異常に高い

中古家電せどりの実践者には利益率25~40%が多いです。

エビデンスとして実際に送ってもらった週報の画像を張り付けておきます。

誇張ではなく、このぐらいの利益率が出るんだという参考にして下さい。

データ1:新品家電から中古家電に鞍替えしたKさん

月間利益率:29.1%

 

データ2:新品と中古の両面攻めをするNさん

月間利益率:26%

 

どうでしょうか?

 

中古商品全てが利益率が高い、という訳ではないのですが

販売を続けていればトータルでこのぐらいに落ち着いてきます。

 

②低資金でも大きな収益が得られる

月商1000万円達成!という人の詳細を見てみると

利益率10~15%というのが多いです。

(中古で月商1000万円はなかなか難しいので、恐らく新品でしょう)

 

つまり、1000万円前後の資金を使ったリターンが

たったの100~150万円である、ということです。

 

勿論、普通の事業感覚からすれば素晴らしい結果なのですが

トヨタですら、過去5年で7.38%の平均利益率

副業が多いせどりで資金1000万円用意できる人はそういないでしょう。

 

その様な資金の無い人には、中古家電せどりが俄然、お勧めです。

 

 

①でも紹介した通り、利益率が良いので

資金50万円でも利益率30~40%を目指せば

月利10~20万円は普通に出せます。

それを複利で回せば、半年~1年で相当大きな事業規模にできますよ^^

複利イメージです。7か月目以降は現実的ではないですが

(仕入れ量が追い付かない人が多い)

増えるスピード感の参考になれば。

 

低資金でも大きく稼げる、というのは

かなり魅力的なメリットではないでしょうか?

 

 

③価格競争に巻き込まれない

新品商材は価格以外に競争軸がありません。

ですので、できるだけ価格で目立ちたい!という思惑が働き

他社よりも1円でも安く!と始まった価格競争が過熱する傾向にあります。

 

新品せどらーの誰しもが、仕入れた商品が出品した途端、

値崩れにあった経験をお持ちなのではないでしょうか?

 

中古家電は基本的に「一品物」です。

 

コンディションの違い、付属品の違いなどで

それぞれ値段が変わってきますので、

値崩れが起きにくい構造になっています。

(例外的にPS4などのゲーム機本体などは、

 球数が多いので値崩れが起きやすいです。)

 

④低評価上等

新品商材はカート取得できるか否かで売れ行きが大きく変わりますが、

中古家電はほぼ確実に詳細を見られるので、

あえてショップの評価を高く保つ必要がありません。

 

神経質にならなくても良い、という意味です。

 

中古専門のショップの中には、評価80%台も多く見られます。

 

 

④アマゾン(Amazon)依存ではなくなる

中古家電の中にはアマゾンでは売りにくいので

「ヤフオク」や「メルカリ」で、という商材・ジャンルも存在します。

 

むしろアマゾンよりもヤフオクなどの方が積極的に売れている、

というものも多いです。

 

前述の通り、新品せどりは価格差以外に競争軸がありませんが

中古家電は「一品物」であるが故に別プラットフォームでも売上が立つのです。

 

新品の価格差がある商材を見つけるスキル 

中古の価値が過小評価されている商材を見つけるスキル

 

どちらがより生き残っていけるかは明白です。

 

 

中古家電のデメリット

そんな中古家電にもデメリットは存在します。

 

①新品に比べて手間が掛かる

以下の新品にはない作業が発生するため、手間が掛かってしまいます。

  • 動作確認が必要。
  • 元箱無しが多いため、梱包に時間が掛かる。
  • コンディション記載など販売に時間が掛かる。

 

 

②新品に比べて壊れやすい

中古品なので当たり前です(笑)

いくら検品していても、販売後に寿命がきてしまった場合などは

どうしようもありません。

 

また元箱無しの商品が多いので、梱包方法の知識がないと

輸送時に破損してしまう、ということも起きます。

 

 

③新品よりは売れない

商品の売れるスピードで言えば、新品よりは中古の方が劣ります。

以下画像のような何回波打っているか分からないぐらいの

中古家電というのはなかなかありません。

 

 

しかし…デメリットは見方を変えればメリットにもなります。

こういったデメリットが参入者の増加を抑えるため、

中古家電プレイヤーの地位が安定します。

 

 

中古家電せどりの三大魅力

仕入れに悩みを持っているのであれば絶対に見て欲しい内容です。

何故中古家電に参入した方がいいのか、その理由が明らかになります。

 

 

①圧倒的な優位性(ブルーオーシャン市場)

新品せどりと中古家電せどりの間には参入障壁に

大きな大きな違いがあります。

 

中古家電せどりは・・・

「全頭検索ができない」(全頭検索に時間が掛かりすぎる)のです。

 

これは誰もが稼げる市場ではない、ということを意味します。

 

新品せどりは、「価格差」だけに注目していればよく、

バーコードリーダーを使って、どれだけスキャンしたか?で収益が決まる、

本当に参入障壁の低いビジネスと言えます。

 

事実新品せどりでは参入者過多による値崩れが頻繁に起きており、

その参入のしやすさが逆に仇になってきています。

(昔はもっと簡単に稼げたのに…という声をよく聞きます)

 

 

しかし、中古家電は全頭検索が事実上できませんので

「目利き」(=商品知識)が必要です。

 

その目利きで、お客様が求める(中古需要のある)商品を

如何に効率的に仕入れができるか?

が重要になりますので、「誰でもすぐに」は無理なのです。

 

 

 

逆に言えば、

しっかりと勉強して、目利きができるようになれば

ブルーオーシャンで楽しく仕入れができるということです♪

 

(皆、それができないから中古はブルーオーシャンであり続けるのですが…笑)

 

 

②事業継続しやすい

新品が売れた数だけ「中古」の数も相対的に増えます。

 

新品せどりはメーカー・卸・小売店などが仕入れ先ですが、

中古家電せどりは究極的に言えば、日本国民全員が仕入れ先です。

 

物が溢れる日本。

一般家庭にはたくさんのお宝が眠っています。

ですので、買取をすることで仕入れに困ることはなくなります。

 

 

ただ、いきなり買取をするのは難しいと思いますので、

まずは買取を外注化することをお勧めします。

 

外注先とは…?

 

ハードオフやソフマップ、セカンドストリートなどのリサイクルショップです。

 

 

そう。リサイクルショップからの仕入れだけでも

圧倒的な仕入れができるのです。

 

リサイクルショップからの仕入れで地盤を築き、

いずれは個人からの買取に繋げれば

事業は長く続けれられることは間違いありません。

 

 

 

新品せどり…いつまで続けられるでしょうか?

2016年年末の新品出品規制は記憶に新しいところです。

 

 

③規模拡大しやすい

中古家電せどりの魅力は低資金でも大きく稼げることです。

 

1000万円の資金を持っていても

新品せどりだと、月商1000万円 利益100万円。

しかし、中古家電せどりなら、月商1000万円 利益300万円も可能です。

 

資金的に拡大しやすいのは圧倒的に中古です。

 

 

また、仕入れ先に関しても「日本国民全員からの買取」も可能ですし、

リサイクルショップ自体も代表的な企業だけでも以下の数あるので

 

  • ハードオフ 全国800店舗 (2020年には1000店舗目標)
  • セカンドストリート 全国1610店舗
  • お宝創庫 20店舗 (愛知県のみ)
  • ソフマップ 62店舗
  • ブックオフ 家電買取強化中

 

 

目利きスキルを獲得した後であれば、

回る店を増やすだけで拡大できちゃいます。

 

また買取の外注先である企業が潰れても

買取自体、思ったよりも簡単に実践できるので安心です。

 

 

結論として、

新品せどりよりも

 

 参入障壁が高いため、

 一度壁を超えてしまえば圧倒的有利になれる。

 

 仕入れ先が安定しているため、

 事業そのものが安定して続けられる。

 

 規模拡大のハードルが低いため、収益UPが容易!

 

という3大魅力が中古家電せどりにはあります。

 

 

そんな魅力的な中古家電の仕入れ先を教えます

実店舗(店舗名)

ハードオフ、セカンドストリート、パソコン工房、

ソフマップ、買取王国、グッドウィル、ワンダーレックス

GEO、トレジャーファクトリー、ブックオフ(家電取り扱い店)、お宝創庫

 

など…。

地域密着型のショップも合わせれば相当あります。

 

 

実店舗(地域名)

東京 秋葉原

名古屋 大須

大阪 日本橋

 

これらは地域として中古ショップが多く、仕入れが可能です。

 

ネットショップ

実店舗で挙げた店舗のネットショップ

ヤフオク

フリマアプリ(メルカリなど)

ジモティー(などの不用品取引サイト)

 

 

中古家電の仕入れ方のコツ

中古家電せどり実践のコツは

こちらの「飽和しない、ライバル不在のせどりの仕入れ」という記事に

まとめてあります。

 

簡単に概要だけ説明すると

注目すべきは「機能的価値」ということです。

 

 

各ジャンル毎にお客様はどんな機能を求めているのか?

プレミアムになっている商品にはどんな機能が付いているのか?

 

そういった知識を蓄えていくことで、

目利き力が付き、中古家電せどりが効率化されます。

(仕入れ対象もドンドン増えて行くという好循環を生み出します)

 

こちらの記事では具体的な商品を例に説明していますので、

是非「飽和しない、ライバル不在のせどりの仕入れ」ご覧ください。

 

 

実際の仕入れ商品

参考に実際に仕入れた商品を何個かご紹介します。

 

商品データ1:仕入れ値 6048円

 

商品データ2:仕入れ値 14482円

 

商品データ3:仕入れ値 4320円

 

商品データ4:仕入れ値 3070円

 

 

中古家電せどりでハッピーライフを送るために実施すること

中古家電せどりの魅力をお伝えしてきたつもりでしが、

如何でしたでしょうか?

 

普通のせどらーは「価格差」だけに注目します。

 

だから仕入れ先も被るし、仕入れ商品も被ってくるので

結果的に仕入れができなくなってきます。

 

この記事を見て、中古家電せどりの魅力を知った今こそ

「脱せどらー」に向けて動き出すチャンスではないでしょうか?

 

単純な値幅だけを追う「普通のせどらー」から

機能的な希少価値があるものを仕入れる「商人」へ変化することが

これからも長く生き残っていく秘訣だと僕は考えます。

 

 

Let’s 中古家電せどり♪

 

ではではノシ

 

 

P.S.

機能目線での仕入れを徹底的に解説した

一か月間の無料プログラム(教材)を用意しました。

 

中古家電を知り尽くした元ハードオフ店長直伝のノウハウです。

 

本記事の情報は、元ハードオフ店長の監修を受けています。

 

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です